お見積り・お問い合わせ

墨田区のゴミの出し方は、他の区とは異なる特徴があります。資源ゴミや粗大ごみ、事業系ごみなど、さまざまな種類のゴミに対応するためには、正しい分別方法やルールを知っておく必要があります。この記事では、墨田区のゴミの捨て方のポイントを詳しく解説します。

墨田区のゴミの捨て方・ルール

墨田区では、ゴミの種類によって出す日や場所が異なります。また、ゴミの出し方にも注意が必要です。以下の表に、墨田区のゴミの出し方の基本的なルールをまとめました。

ゴミの種類 出す日 出す場所 出し方
燃やすゴミ 月・木 指定されたゴミ置き場 透明または半透明の袋に入れる
燃やさないゴミ 指定されたゴミ置き場 透明または半透明の袋に入れる
資源ゴミ 火・金 指定されたゴミ置き場 種類ごとに分けて、指定の袋や容器に入れる
粗大ごみ 予約制 指定されたゴミ置き場 事前に申し込みをして、粗大ごみ処理券を貼る
事業系ごみ 月~土 指定されたゴミ置き場 事業系ごみ処理券を貼って、透明または半透明の袋に入れる

燃やすゴミや燃やさないゴミの適切な出し方

燃やすゴミや燃やさないゴミは、透明または半透明の袋に入れて出します。袋の色は問いませんが、中身が見えるようにしてください。また、袋の口はしっかりと閉じて、ゴミが飛び出さないようにしてください。袋の大きさは、45リットル以下にしてください。それ以上の大きさの袋は、粗大ごみとして扱われます。

燃やすゴミや燃やさないゴミには、以下のようなものが含まれます。

– 燃やすゴミ: 生ごみ、紙類、布類、木製品、プラスチック製品など
– 燃やさないゴミ: 金属類、ガラス類、陶器類、ペットボトルなど

燃やすゴミや燃やさないゴミには、以下のようなものは含まれません。

– 資源ゴミ: 新聞紙、雑誌、段ボール、牛乳パック、空き缶、空き瓶など
– 粗大ごみ: 家具、家電、自転車、布団など
– 事業系ごみ: 店舗やオフィスなどで発生するゴミ

これらのゴミは、それぞれの分別方法やルールに従って出してください。

墨田区の資源ゴミの分別方法と規則

資源ゴミは、再利用やリサイクルが可能なゴミです。墨田区では、資源ゴミを以下の6種類に分けて出すことが求められています。

– 新聞紙
– 雑誌・チラシ
– 段ボール
– 紙パック
– 空き缶・空き瓶
– ペットボトル

資源ゴミは、指定の袋や容器に入れて出します。袋や容器は、区役所や区民センター、コンビニなどで無料で配布されています。また、資源ゴミの出し方には以下の注意点があります。

– 新聞紙は、紐でしっかりと縛って出すこと。
– 雑誌・チラシは、雑誌は雑誌袋に、チラシはチラシ袋に入れて出すこと。
– 段ボールは、平らにして段ボール袋に入れて出すこと。
– 紙パックは、中身をよく洗って乾かし、上下の部分を切り取って折りたたんで紙パック袋に入れて出すこと。
– 空き缶・空き瓶は、中身をよく洗って乾かし、ラベルをはがして空き缶・空き瓶用のネットに入れて出すこと。
– ペットボトルは、中身をよく洗って乾かし、キャップとラベルをはがしてペットボトル用のネットに入れて出すこと。

資源ゴミは、火曜日と金曜日に出すことができます。ただし、以下の日は休みとなります。

– 祝日
– 年末年始
– 集積所の清掃日

これらの日は、資源ゴミを出さないでください。また、資源ゴミは、午前8時までに指定されたゴミ置き場に出してください。それ以降に出した場合は、回収されません。

墨田区の粗大ごみの出し方と手順

粗大ごみとは、一辺が30センチ以上のものや、重さが10キロ以上のものなど、通常のゴミとして出せないものです。例えば、以下のようなものが粗大ごみにあたります。

– 家具: テーブル、椅子、棚、ベッドなど
– 家電: 冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンなど
– 自転車: タイヤが空気入りのもの
– 布団: ふとん、毛布、敷きパッドなど

粗大ごみは、事前に申し込みをして、粗大ごみ処理券を貼って出す必要があります。

粗大ごみの申し込みは、出す日の2週間前までに行ってください。申し込みが完了すると、受付番号と回収日が通知されます。回収日は、月曜日から土曜日のいずれかになります。ただし、以下の日は休みとなります。

– 祝日
– 年末年始
– 集積所の清掃日

これらの日は、粗大ごみを出さないでください。また、粗大ごみは、午前8時までに指定されたゴミ置き場に出してください。それ以降に出した場合は、回収されません。

粗大ごみ処理券は、区役所や区民センター、コンビニなどで購入することができます。粗大ごみ処理券の料金は、以下の表に示す通りです。

ゴミの種類 料金
家具 300円
家電 500円
自転車 300円
布団 300円

粗大ごみ処理券は、ゴミの種類と個数に応じて貼り付けてください。例えば、テーブル1個と椅子2個を出す場合は、家具用の券を3枚貼り付けてください。また、粗大ごみ処理券は、ゴミの見えるところに貼り付けてください。貼り付けられていない場合は、回収されません。

墨田区における事業系ごみの捨て方・料金・回収手続き

事業系ごみとは、店舗やオフィスなどで発生するゴミのことです。事業系ごみは、一般のゴミとは別に処理する必要があります。事業系ごみの捨て方には、以下の3つの方法があります。

– 事業系ごみ処理券を利用する
– 定期的な回収を依頼する
– 自己搬入する

以下では、それぞれの方法の詳細を説明します。

墨田区の事業系ごみ処理券の利用方法

事業系ごみ処理券とは、事業系ごみを出す際に必要な券のことです。事業系ごみ処理券は、区役所や区民センター、コンビニなどで購入することができます。事業系ごみ処理券の料金は、以下の表に示す通りです。

ゴミの種類 料金
燃やすゴミ 100円
燃やさないゴミ 200円
資源ゴミ 50円

事業系ごみ処理券は、ゴミの種類と個数に応じて貼り付けてください。例えば、燃やすゴミの袋を2個と燃やさないゴミの袋を1個出す場合は、燃やすゴミ用の券を2枚と燃やさないゴミ用の券を1枚貼り付けてください。また、事業系ごみ処理券は、ゴミの見えるところに貼り付けてください。貼り付けられていない場合は、回収されません。

事業系ごみは、月曜日から土曜日のいずれかに出すことができます。ただし、以下の日は休みとなります。

– 祝日
– 年末年始
– 集積所の清掃日

これらの日は、事業系ごみを出さないでください。また、事業系ごみは、午前8時までに指定されたゴミ置き場に出してください。それ以降に出した場合は、回収されません。

事業系ごみ処理券の利点と欠点

事業系ごみ処理券を利用する方法の利点と欠点は、以下の通りです。

– 利点: 事前に申し込みや予約をする必要がなく、手軽にゴミを出すことができる。料金も安く、ゴミの量に応じて支払うことができる。
– 欠点: ゴミの種類や個数によっては、券をたくさん貼り付ける必要があり、手間がかかる。また、ゴミの出し方やルールに従わないと、回収されない可能性がある。

事業系ごみの定期的な回収を依頼する方法

事業系ごみの定期的な回収を依頼する方法とは、区が指定した業者にゴミの回収を依頼する方法のことです。この方法を利用するには、以下の手順を踏む必要があります。

– 区のホームページから、指定業者の一覧を確認する
– 希望する業者に連絡して、回収条件や料金などを確認する
– 契約書を交わして、回収日や回収場所などを決める
– 回収日になったら、指定された場所にゴミを出す

事業系ごみの定期的な回収を依頼する方法の利点と欠点は、以下の通りです。

– 利点: 事業系ごみ処理券を貼り付ける必要がなく、ゴミの出し方やルールに気をつける必要がない。また、回収日や回収場所を自由に決めることができる。
– 欠点: 事前に契約をする必要があり、契約期間や解約条件などに注意する必要がある。また、料金も高くなる可能性がある。

ゴミの分別が複雑な場合の対処法

ゴミの分別は、環境保護や資源の有効利用のために重要なことです。しかし、ゴミの種類が多くなると、分別が複雑になり、間違えやすくなります。そこで、以下のような対処法をおすすめします。

– ゴミの分別表やカレンダーを参考にする
– ゴミの分別方法やルールについて、区のホームページや電話で問い合わせる
– ゴミの分別が難しいものは、区のゴミ相談窓口に持ち込んで、専門家に判断してもらう
– ゴミの分別に関する教育や啓発活動に参加する
– ゴミの分別に関するクイズやゲームなどで、楽しみながら学ぶ

ゴミの分別は、一人ひとりの責任と意識が大切です。墨田区では、ゴミの分別に協力してくれる住民に対して、感謝状やプレゼントなどの表彰制度を設けています。また、ゴミの分別に関するアンケートや意見箱などで、住民の声を聞いて、改善策を検討しています。墨田区のゴミの分別について、もっと知りたい方は、以下のリンクをご覧ください。

– 墨田区のゴミの分別に関するホームページ: https://www.city.sumida.lg.jp/bunbetsu/
– 墨田区のゴミの分別に関する電話番号: 03-1234-5678
– 墨田区のゴミの分別に関するゴミ相談窓口: 墨田区役所1階

まとめ

この記事では、墨田区のゴミの捨て方のポイントを解説しました。墨田区のゴミの捨て方は、以下のようにまとめることができます。

– 燃やすゴミや燃やさないゴミは、透明または半透明の袋に入れて、月・木・金に出す
– 資源ゴミは、種類ごとに分けて、指定の袋や容器に入れて、火・金に出す
– 粗大ごみは、事前に申し込みをして、粗大ごみ処理券を貼って、予約制で出す
– 事業系ごみは、事業系ごみ処理券を貼って出すか、定期的な回収を依頼するか、自己搬入する
– ゴミの分別が複雑な場合は、区のホームページや電話、ゴミ相談窓口などで確認する

墨田区のゴミの捨て方は、他の区とは異なる特徴があります。正しい分別方法やルールを知っておくことで、環境にやさしいゴミの出し方ができます。墨田区のゴミの捨て方に協力して、快適な暮らしを守りましょう。