お見積り・お問い合わせ

品川区でゴミ回収や粗大ゴミの処分をするとき、どのような方法があるのでしょうか?自治体のルールに従って出すのが一般的ですが、それだけでは不十分な場合もあります。また、リサイクル家電や不用品など、処分に困るものも多いでしょう。そこで、この記事では、品川区でゴミ回収や粗大ゴミの処分を安くする方法をご紹介します。自治体のルールや手順、センターの利用方法、回収業者や買取業者の活用方法など、さまざまな選択肢を比較してみましょう。

品川区のゴミ出しの新ルール

品川区では、2023年4月からゴミ出しの新ルールが始まりました。これは、ゴミの減量化や資源化を促進するための取り組みです。新ルールでは、以下の点が変わりました。

– 燃やせるゴミと燃やせないゴミの分別が必須になりました。燃やせるゴミは、透明または半透明の袋に入れて出す必要があります。燃やせないゴミは、市販の有料の指定袋に入れて出す必要があります。
– 粗大ゴミの受付方法が変わりました。電話やインターネットでの申し込みが必要になりました。また、粗大ゴミの指定袋も有料になりました。
– リサイクル家電の受付方法が変わりました。電話やインターネットでの申し込みが必要になりました。また、リサイクル家電の回収料金も変更になりました。

これらの新ルールに従わないと、ゴミが回収されない場合があります。また、罰則もありますので、注意が必要です。詳しくは、[品川区のホームページ](https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/kankyo/gomi/gomi.html)をご覧ください。

【品川区】粗大ゴミ処分方法:自治体か処分場持ち込み?

品川区で粗大ゴミを処分する方法として、自治体の回収サービスか、処分場への持ち込みがあります。それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

品川区のゴミ出し手順の詳細

品川区の回収サービスを利用する場合、以下の手順が必要です。

1. 電話(03-5742-6512)かインターネット([こちら](https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/kankyo/gomi/sodai/sodai.html))で申し込みます。申し込みの際に、粗大ゴミの種類や個数、回収日などを伝えます。
2. 申し込み後、指定された口座に粗大ゴミの処分料金を振り込みます。処分料金は、粗大ゴミの種類や個数によって異なります。詳しくは、[こちら](https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/kankyo/gomi/sodai/sodai.html)をご覧ください。
3. 振り込み後、粗大ゴミの指定袋を購入します。指定袋は、品川区の各区役所やコンビニなどで販売されています。指定袋の価格は、サイズによって異なります。詳しくは、[こちら](https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/kankyo/gomi/sodai/sodai.html)をご覧ください。
4. 粗大ゴミを指定袋に入れて、回収日の朝8時までに指定された場所に出します。出す場所は、申し込みの際に伝えられます。出す場所には、申し込み番号や名前などを記入した申し込み票を貼り付けます。

品川区の回収サービスのメリットは、自宅から出すだけで粗大ゴミを処分できることです。デメリットは、申し込みや振り込み、指定袋の購入などの手間がかかることや、回収日が決められていることです。

センター利用で直接処分:品川区資源化センター

品川区の処分場である品川区資源化センターを利用する場合、以下の手順が必要です。

1. 品川区資源化センター(品川区西品川4-1-23)に粗大ゴミを持ち込みます。持ち込みの際に、粗大ゴミの種類や個数を伝えます。
2. 粗大ゴミの処分料金を支払います。処分料金は、粗大ゴミの種類や個数によって異なります。詳しくは、[こちら](https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/kankyo/gomi/sodai/sodai.html)をご覧ください。
3. 粗大ゴミを指定された場所に置きます。

品川区資源化センターの利用のメリットは、回収日を気にせずに粗大ゴミを処分できることです。デメリットは、粗大ゴミを自分で運ぶ必要があることや、開館時間が限られていることです。開館時間は、月曜日から土曜日の9時から16時までです。日曜日や祝日は休館です。

品川区でリサイクル家電処分:テレビや冷蔵庫はどうする?

品川区でリサイクル家電を処分する方法として、回収業者に依頼する方法、指定場所へ持ち込む方法、家電量販店で処分する方法があります。それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

【回収業者】に依頼して処分

回収業者に依頼する方法は、自宅から出すだけでリサイクル家電を処分できる便利な方法です。回収業者は、テレビや冷蔵庫などのリサイクル家電を引き取ってくれます。回収業者に依頼する場合、以下の手順が必要です。

1. 回収業者に電話(0120-XXX-XXX)かインターネット([こちら](https://www.example.com/))で申し込みます。申し込みの際に、リサイクル家電の種類や個数、回収日などを伝えます。
2. 申し込み後、指定された口座にリサイクル家電の回収料金を振り込みます。回収料金は、リサイクル家電の種類や個数によって異なります。詳しくは、[こちら](https://www.example.com/)をご覧ください。
3. 回収日に、リサイクル家電を自宅の玄関先に出します。出す際には、リサイクル券や申し込み票などを貼り付けます。

回収業者に依頼する方法のメリットは、自宅から出すだけでリサイクル家電を処分できることや、回収日を自分で決められることです。デメリットは、回収料金が高い場合があることや、信頼できる回収業者を見つけるのが難しい場合があることです。回収業者を選ぶ際には、[消費者庁のホームページ](https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/recycle/recycle_1/)などで注意点を確認してください。

指定場所へ持ち込んで処分

指定場所へ持ち込む方法は、リサイクル家電を自分で運ぶことで処分できる方法です。指定場所は、品川区の各区役所やコンビニなどで販売されているリサイクル券に記載されています。指定場所へ持ち込む場合、以下の手順が必要です。

1. リサイクル券を購入します。リサイクル券は、品川区の各区役所やコンビニなどで販売されています。リサイクル券の価格は、リサイクル家電の種類によって異なります。詳しくは、[こちら](https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/kankyo/gomi/recycle/recycle.html)をご覧ください。
2. リサイクル券に記載されている指定場所にリサイクル家電を持ち込みます。持ち込みの際には、リサイクル券を提示します。
3. 指定場所でリサイクル家電を受け渡します。

指定場所へ持ち込む方法のメリットは、回収料金が安い場合があることや、持ち込み時間が自由に選べることです。デメリットは、リサイクル家電を自分で運ぶ必要があることや、指定場所が遠い場合があることです。

家電量販店での簡単処分方法

家電量販店で処分する方法は、新しい家電を購入する際に古い家電を引き取ってもらう方法です。家電量販店は、テレビや冷蔵庫などのリサイクル家電を引き取ってくれます。家電量販店で処分する場合、以下の手順が必要です。

1. 新しい家電を購入します。購入の際に、古い家電の引き取りを依頼します。引き取りの際に、リサイクル家電の種類や個数を伝えます。
2. 新しい家電の配送日に、古い家電を自宅の玄関先に出します。出す際には、リサイクル券や申し込み票などを貼り付けます。
3. 配送員が古い家電を引き取ります。

家電量販店で処分する方法のメリットは、自宅から出すだけでリサイクル家電を処分できることや、新しい家電と一緒に引き取ってもらえることです。デメリットは、新しい家電を購入しないと利用できないことや、引き取り料金が高い場合があることです。

【品川区】以外の粗大ゴミ処分方法4選

品川区で粗大ゴミを処分する方法として、自治体の回収サービスや処分場の利用以外にも、他の方法があります。それらの方法は、買取業者やリサイクルショップで処分する方法、不用品回収業者に依頼する方法、オークションサイトで個人売却処分する方法、地域の掲示板で譲る方法です。それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

買取業者やリサイクルショップで処分

買取業者やリサイクルショップで処分する方法は、粗大ゴミの中に価値のあるものがある場合におすすめの方法です。買取業者やリサイクルショップは、家具や家電などの粗大ゴミを買い取ってくれます。買取業者やリサイクルショップで処分する場合、以下の手順が必要です。

1. 買取業者やリサイクルショップに電話かインターネットで査定を依頼します。査定の際に、粗大ゴミの種類や個数、状態などを伝えます。
2. 査定後、買取価格が提示されます。買取価格に納得したら、引き取り日を決めます。
3. 引き取り日に、粗大ゴミを自宅の玄関先に出します。出す際には、買取券や申し込み票などを貼り付けます。
4. 引き取り員が粗大ゴミを引き取ります。引き取りの際に、買取価格を現金で支払います。

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼する方法は、粗大ゴミの中に価値のないものや壊れたものがある場合におすすめの方法です。不用品回収業者は、家具や家電などの粗大ゴミを引き取ってくれます。不用品回収業者に依頼する場合、以下の手順が必要です。

1. 不用品回収業者に電話かインターネットで申し込みます。申し込みの際に、粗大ゴミの種類や個数、回収日などを伝えます。
2. 申し込み後、回収料金が提示されます。回収料金は、粗大ゴミの種類や個数によって異なります。
3. 回収日に、粗大ゴミを自宅の玄関先に出します。出す際には、申し込み票などを貼り付けます。
4. 引き取り員が粗大ゴミを引き取ります。

不用品回収業者に依頼する方法のメリットは、価値のないものや壊れたものを処分できることや、回収日を自分で決められることです。デメリットは、回収料金が高い場合があることや、信頼できる不用品回収業者を見つけるのが難しい場合があることです。不用品回収業者を選ぶ際には、[消費者庁のホームページ](https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/recycle/recycle_2/)などで注意点を確認してください。

オークションサイトで個人売却処分

オークションサイトで個人売却処分する方法は、粗大ゴミの中に需要のあるものがある場合におすすめの方法です。オークションサイトは、家具や家電などの粗大ゴミを個人間で売買できるサービスです。オークションサイトで個人売却処分する場合、以下の手順が必要です。

1. オークションサイトに登録します。登録の際に、個人情報や支払い方法などを入力します。
2. 粗大ゴミの写真や説明文を作成します。写真や説明文は、粗大ゴミの状態や特徴を正確に伝えるようにします。
3. 粗大ゴミの出品を開始します。出品の際に、開始価格や終了時間などを設定します。
4. 落札者と連絡を取ります。連絡の際に、支払い方法や発送方法などを確認します。
5. 落札者から支払いを受けます。支払い方法は、銀行振込やクレジットカードなどがあります。
6. 粗大ゴミを発送します。発送方法は、宅配便や郵便などがあります。発送の際には、梱包や送料などに注意します。

オークションサイトで個人売却処分する方法のメリットは、粗大ゴミをお金に変えられることや、自分で価格や時間を決められることです。デメリットは、写真や説明文の作成や発送の手間がかかることや、トラブルが発生する可能性があることです。オークションサイトを利用する際には、[消費者庁のホームページ](https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/recycle/recycle_3/)などで注意点を確認してください。

地域の掲示板で譲る方法

地域の掲示板で譲る方法は、粗大ゴミの中に使えるものがある場合におすすめの方法です。地域の掲示板は、近所の人と情報交換や物品の譲渡ができるサービスです。地域の掲示板で譲る場合、以下の手順が必要です。

1. 地域の掲示板に登録します。登録の際に、個人情報や住所などを入力します。
2. 粗大ゴミの写真や説明文を作成します。写真や説明文は、粗大ゴミの状態や特徴を正確に伝えるようにします。
3. 粗大ゴミの譲渡を開始します。譲渡の際に、希望価格や受け渡し方法などを設定します。
4. 譲り受ける人と連絡を取ります。連絡の際に、支払い方法や受け渡し方法などを確認します。
5. 譲り受ける人から支払いを受けます。支払い方法は、現金や電子マネーなどがあります。
6. 粗大ゴミを受け渡します。受け渡し方法は、自宅や公共の場所などがあります。受け渡しの際には、安全や衛生などに注意します。

地域の掲示板で譲る方法のメリットは、粗大ゴミをお金に変えられることや、近所の人とコミュニケーションがとれることです。デメリットは、写真や説明文の作成や受け渡しの手間がかかることや、トラブルが発生する可能性があることです。地域の掲示板を利用する際には、[消費者庁のホームページ](https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/recycle/recycle_4/)などで注意点を確認してください。

【まとめ】品川区の粗大ゴミ処分方法

この記事では、品川区でゴミ回収や粗大ゴミの処分を安くする方法をご紹介しました。自治体のルールや手順、センターの利用方法、回収業者や買取業者の活用方法など、さまざまな選択肢を比較してみました。粗大ゴミの処分方法は、粗大ゴミの種類や個数、状態や価値、自分の予算や時間などによって変わります。