お見積り・お問い合わせ

渋谷区で暮らす人にとって、粗大ゴミの処理はどうしていますか?粗大ゴミとは、家具や家電など、一般的なゴミとして出せない大きさや重さのものを指します。渋谷区では、粗大ゴミの回収と処分には特別なルールがあります。適切に分別して出さないと、罰金や処分費用がかかることもあります。この記事では、渋谷区での粗大ゴミの分別方法、出し方、捨て方のポイントを解説します。

渋谷区のゴミ処理の実態

渋谷区は、東京都の中でも人口密度が高く、多様な人々が暮らすエリアです。そのため、ゴミの量も多く、処理には大きな負担がかかっています。渋谷区では、一般廃棄物処理計画というものを策定し、ゴミの減量化やリサイクルの推進、適正な処分などに取り組んでいます。

渋谷区の一般廃棄物処理計画

渋谷区の一般廃棄物処理計画とは、渋谷区が2020年から2024年までの5年間に実施するゴミの処理に関する基本的な方針です。この計画では、以下のような目標や施策が掲げられています。

– 一般廃棄物の発生量を減らす
– リサイクルや再資源化を促進する
– 粗大ゴミの適正な回収と処分を行う
– ゴミの分別や出し方のルールを周知する
– ゴミの不法投棄や放置を防止する

渋谷区では、これらの目標を達成するために、住民や事業者、区役所などが協力して、ゴミの減量化やリサイクルの取り組みを進めています。

渋谷区の家庭から出るゴミの適切な処分方法

渋谷区の家庭から出るゴミは、一般廃棄物として区が回収しています。一般廃棄物は、可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ、有害ごみの4種類に分けられます。それぞれに応じた分別や出し方のルールがありますので、注意してください。

家庭から出る一般廃棄物の回収方法

渋谷区では、一般廃棄物の回収日や回収場所が決められています。回収日は、区のホームページやゴミカレンダーで確認できます。回収場所は、各町内会やマンションなどで決められています。回収日と回収場所に従って、ゴミを出しましょう。

また、一般廃棄物は、以下のように分別して出す必要があります。

– 可燃ごみ:生ごみや紙類、布類、プラスチック製品など、燃えるものはすべて可燃ごみです。透明なビニール袋に入れて出しましょう。ただし、ペットボトルや空き缶などは資源ごみとして出してください。
– 不燃ごみ:金属やガラス、陶器、小型電池など、燃えないものは不燃ごみです。不燃ごみ用のビニール袋に入れて出しましょう。ただし、粗大ゴミや有害ごみは別途処理が必要です。
– 資源ごみ:ペットボトルや空き缶、新聞紙や段ボール、衣類など、再利用や再資源化が可能なものは資源ごみです。それぞれに応じた袋や箱に入れて出しましょう。資源ごみは、区が回収するほか、リサイクルステーションやエコプラザなどでも受け付けています。
– 有害ごみ:蛍光灯や水銀体温計、スプレー缶など、人や環境に有害なものは有害ごみです。有害ごみ用のビニール袋に入れて出しましょう。有害ごみは、区が回収するほか、エコプラザなどでも受け付けています。

粗大ゴミの回収と処分方法

粗大ゴミとは、一般廃棄物として出せない大きさや重さのものを指します。例えば、家具や家電、自転車、布団などが該当します。粗大ゴミの回収と処分には、以下のような方法があります。

– 区の粗大ゴミ回収サービスを利用する:渋谷区では、粗大ゴミの回収サービスを行っています。このサービスを利用するには、事前に申し込みと料金の支払いが必要です。申し込みは、インターネットや電話、郵便などでできます。料金は、粗大ゴミの種類や個数によって異なります。申し込みと料金の支払いを済ませたら、指定された日に粗大ゴミを出しましょう。区の職員が回収してくれます。
– リサイクル業者に依頼する:粗大ゴミの中には、リサイクル業者に引き取ってもらえるものがあります。例えば、家電や自転車、金属製品などが該当します。リサイクル業者に依頼する場合は、事前に連絡して、引き取り条件や料金などを確認しましょう。リサイクル業者によっては、無料で引き取ってくれる場合もあります。
– 自分で持ち込む:粗大ゴミの中には、自分で区の施設に持ち込めるものがあります。例えば、布団やカーペット、木製品などが該当します。自分で持ち込む場合は、事前に区のホームページやゴミカレンダーで、持ち込み可能な施設や日時を確認しましょう。持ち込みには、料金がかかりますので、注意してください。

以上のように、粗大ゴミの回収と処分方法は、区のサービスやリサイクル業者、自分で持ち込むなど、いくつかの選択肢があります。それぞれにメリットやデメリットがありますので、自分の状況に合わせて、最適な方法を選びましょう。

渋谷区の事業活動におけるゴミの適切な処理方法

渋谷区の事業活動におけるゴミは、事業系一般廃棄物と産業廃棄物に分けられます。事業系一般廃棄物とは、事業所から出る一般廃棄物のことで、区が回収しています。産業廃棄物とは、事業所から出る特殊な廃棄物のことで、自己処理が原則です。それぞれに応じた処理方法がありますので、注意してください。

事業系一般廃棄物の適切な処分方法

事業系一般廃棄物は、家庭から出る一般廃棄物と同様に、可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ、有害ごみの4種類に分けられます。それぞれに応じた分別や出し方のルールがありますので、守りましょう。

事業系一般廃棄物の回収には、区の指定袋を使用する必要があります。指定袋は、区役所や区の指定店舗で購入できます。指定袋に入れたゴミは、区が定めた回収日と回収場所に出しましょう。区の職員が回収してくれます。

また、事業系一般廃棄物の中には、区が回収しないものがあります。例えば、粗大ゴミや産業廃棄物などが該当します。これらのゴミは、自分で処理するか、適切な業者に依頼する必要があります。

渋谷区の産業廃棄物の適切な排出方法

産業廃棄物とは、事業所から出る特殊な廃棄物のことで、自己処理が原則です。産業廃棄物には、以下のようなものがあります。

– 建設工事や解体工事などで出るコンクリートやレンガ、木材などの建設系廃棄物
– 飲食店や医療機関などで出る油や動植物性の廃棄物
– 工場や事務所などで出る金属やプラスチックなどの産業廃棄物
– 医療機関や美容院などで出る注射針や血液などの感染性廃棄物

産業廃棄物は、自分で処理するか、適切な業者に依頼する必要があります。自分で処理する場合は、区に申請して許可を得る必要があります。業者に依頼する場合は、区に届け出て、処理状況を報告する必要があります。また、産業廃棄物の処理には、料金がかかりますので、注意してください。

まとめ

この記事では、渋谷区での粗大ゴミの分別方法、出し方、捨て方のポイントを解説しました。渋谷区では、ゴミの減量化やリサイクルの推進、適正な処分などに取り組んでいます。住民や事業者は、区のルールに従って、ゴミの分別や出し方を守りましょう。ゴミの処理は、私たちの暮らしや環境に大きな影響を与えます。渋谷区のゴミ処理の実態を知って、ゴミの適切な処理に協力しましょう。