お見積り・お問い合わせ

大田区は東京都内で最も人口が多く、ゴミの量も多い区の一つです。しかし、大田区はゴミの減量や分別に積極的に取り組んでおり、環境にやさしい区としても知られています。この記事では、大田区のゴミ問題とその解決策、一般家庭や事業活動から出るゴミの適切な分別・処理方法、そして大田区の廃棄物処理の手引きについて紹介します。

大田区のゴミ問題とその解決策

大田区のゴミ減量プロジェクトの成果

大田区は、2019年度に「大田区ゴミ減量プロジェクト」を実施しました。このプロジェクトでは、区民や事業者に対してゴミの減量や分別の啓発活動を行い、ゴミの発生量や処理費用の削減を目指しました。その結果、2019年度の大田区の一般廃棄物の発生量は、前年度に比べて約2,000トン減少しました。また、ゴミの分別率も約5%向上しました。これは、区民や事業者のゴミに対する意識の高まりや、区のゴミの回収・処理システムの改善によるものです。

大田区の資源持ち去り問題の解決策

大田区では、ゴミの減量や分別に努めていますが、一方で、資源として回収されるべきゴミが、不正に持ち去られるという問題も発生しています。資源持ち去りとは、区が回収する予定のペットボトルや新聞紙などの資源ゴミを、他の人が勝手に持ち去ることです。これは、区の収入や環境保護に悪影響を及ぼします。大田区では、この問題に対処するために、以下のような対策を行っています。

– 資源ゴミの回収日や場所を区のホームページやアプリで周知する。
– 資源ゴミの回収時間を早める。
– 資源ゴミの回収場所に監視カメラを設置する。
– 資源持ち去りを発見した場合は、区の環境部に通報する。

大田区の一般家庭から出るゴミの適切な分別・処理方法

家庭から出る一般廃棄物の回収方法

大田区では、家庭から出る一般廃棄物を、以下のように分別して回収しています。

– 可燃ごみ:火曜日と金曜日に回収。区指定のごみ袋に入れて出す。
– 不燃ごみ:第1・第3水曜日に回収。区指定のごみ袋に入れて出す。
– 資源ゴミ:第2・第4水曜日に回収。ペットボトル、新聞紙、雑誌、段ボール、牛乳パックなどは、それぞれ区指定の袋や紐でまとめて出す。
– 有害ごみ:毎月第2土曜日に回収。乾電池、蛍光灯、スプレー缶などは、区指定の袋に入れて出す。

大田区の粗大ゴミの適切な処分方法

大田区では、家庭から出る粗大ごみを、有料で回収しています。粗大ごみとは、長さが50cm以上で、一般廃棄物として出せないものです。例えば、家具、家電、自転車、布団などが該当します。粗大ごみの処分方法は、以下の通りです。

– 区のホームページやアプリで、粗大ごみの申し込みをする。
– 区から送られてくる粗大ごみ処理券を購入する。処理券の価格は、粗大ごみの種類や個数によって異なる。
– 粗大ごみの回収日に、粗大ごみに処理券を貼って、指定された場所に出す。

大田区の事業活動から出るゴミの適切な処理方法

大田区の事業系ゴミ回収・処理の手順

大田区では、事業活動から出るゴミを、事業者の責任で処理することを求めています。事業系ゴミとは、事業所や店舗、工場などで発生するゴミのことです。事業系ゴミの回収・処理の手順は、以下の通りです。

– 事業者は、区の環境部に事業系ゴミの排出計画を提出する。
– 事業者は、区が指定した収集運搬業者に事業系ゴミの回収・運搬を依頼する。
– 事業者は、区が指定した処理業者に事業系ゴミの処理を依頼する。
– 事業者は、事業系ゴミの回収・運搬・処理の記録を区に報告する。

大田区の産業廃棄物処理の方法

大田区では、事業活動から出る産業廃棄物を、産業廃棄物処理法に基づいて処理することを求めています。産業廃棄物とは、事業活動によって発生する有害性の高いゴミのことです。例えば、油、薬品、医療廃棄物などが該当します。産業廃棄物の処理方法は、以下の通りです。

– 事業者は、区の環境部に産業廃棄物の排出者登録をする。
– 事業者は、区が指定した収集運搬業者に産業廃棄物の回収・運搬を依頼する。
– 事業者は、区が指定した処理業者に産業廃棄物の処理を依頼する。
– 事業者は、産業廃棄物の回収・運搬・処理の記録を区に報告する。

大田区の廃棄物処理の手引き

ごみ分別の重要性と方法

大田区では、ゴミの分別を正しく行うことが、環境保護や資源の有効利用につながります。ごみ分別の重要性と方法は、以下の通りです。

– ごみ分別の重要性:ごみ分別を行うことで、ゴミの量や処理費用を減らすことができます。また、資源ゴミや産業廃棄物を再利用やリサイクルすることで、資源の節約や二酸化炭素の排出削減に貢献できます。
– ごみ分別の方法:ごみ分別の方法は、区が定めたルールに従って行います。区のホームページやアプリで、ごみの種類や回収日、回収場所などを確認してください。また、区指定のごみ袋や袋・紐などを使用してください。ごみを出す際は、汚れや臭いを防ぐために、水分を切ったり、ふたを開けたりしてください。

大田区のアプリを活用したゴミの出し方指南

大田区では、区民や事業者に便利なアプリを提供しています。このアプリでは、以下のような機能を利用できます。

– ゴミの分別方法や回収日を検索できる。
– 粗大ごみの申し込みや処理券の購入ができる。
– 資源持ち去りの通報ができる。
– ゴミの減量や分別に関するクイズやゲームができる。

このアプリは、区のホームページから無料でダウンロードできます。ぜひ、ご利用ください。

まとめ

この記事では、大田区のゴミ問題とその解決策、一般家庭や事業活動から出るゴミの適切な分別・処理方法、そして大田区の廃棄物処理の手引きについて紹介しました。大田区は、ゴミの減量や分別に積極的に取り組んでおり、環境にやさしい区としても知られています。区民や事業者として、ゴミに対する意識を高めて、区の取り組みに協力しましょう。