お見積り・お問い合わせ

北区に住んでいると、家具や家電などの粗大ごみを処分する機会があるかと思います。しかし、粗大ごみの出し方や料金は、区によって異なります。北区では、どのように粗大ごみを出すべきなのでしょうか?また、料金はいくらかかるのでしょうか?この記事では、北区の粗大ごみ出し方や料金について、詳しく解説します。また、お得に処分するコツも紹介します。粗大ごみの処分に困っている方は、ぜひ参考にしてください。

北区の粗大ごみ回収量は年間2,053トン

まず、北区の粗大ごみの回収状況について見てみましょう。北区では、2023年度に年間2,053トンの粗大ごみが回収されました。これは、北区の人口約67万人に対して、一人当たり約30.6キログラムということになります。全国平均の一人当たり約25.5キログラムよりも多いですね。北区では、粗大ごみの回収に対して、処理券(シール)制度を導入しています。処理券は、粗大ごみの種類やサイズに応じて、必要な枚数を購入して貼る必要があります。処理券の購入方法や貼り方については、後述します。

北区の粗大ごみ収集申し込み手順

北区で粗大ごみを出すには、事前に収集申し込みをする必要があります。収集申し込みは、以下の3つの方法があります。

– インターネットで申し込む
– 電話で申し込む
– 窓口で申し込む

インターネットで申し込む場合は、北区のホームページから、粗大ごみ収集申し込みシステムにアクセスします。そこで、粗大ごみの品目や個数、収集日時、収集場所などを入力します。収集日時は、申し込み日の2週間後から選べます。収集場所は、自宅の玄関前か、最寄りの粗大ごみ収集所のいずれかになります。粗大ごみ収集所の場所は、北区のホームページで確認できます。申し込みが完了すると、受付番号が発行されます。この受付番号は、後で申し込み内容の照会や変更、キャンセルなどに必要になるので、メモしておきましょう。

電話で申し込む場合は、北区の粗大ごみ収集センターに連絡します。電話番号は、03-XXXX-XXXXです。受付時間は、月曜日から金曜日の9時から17時までです。電話で申し込む場合も、インターネットと同様に、粗大ごみの品目や個数、収集日時、収集場所などを伝えます。受付番号も発行されるので、メモしておきましょう。

窓口で申し込む場合は、北区役所の環境部環境政策課に行きます。窓口の受付時間は、月曜日から金曜日の8時30分から17時15分までです。窓口で申し込む場合も、インターネットや電話と同様に、粗大ごみの品目や個数、収集日時、収集場所などを伝えます。受付番号も発行されるので、メモしておきましょう。

北区で粗大ごみとして回収できないアイテム

北区で粗大ごみとして回収できるものは、家庭で使用する家具や家電などの大型のごみです。ただし、以下のようなものは、粗大ごみとして回収できません。

– 可燃ごみや不燃ごみとして出せるもの(例:ほうき、傘、プラスチック製のバケツなど)
– 資源ごみとして出せるもの(例:新聞紙、段ボール、ペットボトルなど)
– 危険物(例:ガスボンベ、消火器、スプレー缶など)
– 有害物(例:蛍光灯、水銀温度計、乾電池など)
– 自動車や自転車などの乗り物
– 動物の死骸や生ごみ
– 事業者が出すごみや事業者が処分する義務のあるごみ(例:パソコン、テレビ、エアコン、冷蔵庫などの家電4品目、タイヤ、建築廃材など)

これらのものは、それぞれ適切な方法で処分する必要があります。詳しくは、北区のホームページやごみの分別表を参照してください。

品目別、北区の粗大ごみ処分費用・手数料

北区で粗大ごみを出すには、処理券(シール)を購入して貼る必要があります。処理券は、粗大ごみの品目やサイズに応じて、必要な枚数を購入して貼ります。処理券は、1枚300円です。処理券の購入方法や貼り方については、後述します。

品目ごとの北区の粗大ごみ処分費用と手数料

北区では、粗大ごみの品目ごとに、必要な処理券の枚数が決められています。以下に、一部の品目と必要な処理券の枚数を示します。全ての品目については、北区のホームページや粗大ごみ収集申し込みシステムで確認できます。

品目 必要な処理券の枚数
ベッド(シングル) 4枚
ベッド(ダブル) 6枚
ソファ(2人掛け) 4枚
ソファ(3人掛け) 6枚
テレビ台 2枚
本棚 2枚
電子レンジ 2枚
炊飯器 1枚
掃除機 1枚
パソコン 2枚
プリンター 2枚
ギター 1枚
スーツケース 1枚

サイズごとに異なる粗大ごみ料金

また、北区では、粗大ごみのサイズによっても、必要な処理券の枚数が異なります。以下に、サイズごとの必要な処理券の枚数を示します。

サイズ 必要な処理券の枚数
長さが30センチ以下のもの 1枚
長さが30センチ以上50センチ以下のもの 2枚
長さが50センチ以上70センチ以下のもの 3枚
長さが70センチ以上90センチ以下のもの 4枚
長さが90センチ以上110センチ以下のもの 5枚
長さが110センチ以上130センチ以下のもの 6枚
長さが130センチ以上150センチ以下のもの 7枚
長さが150センチ以上170センチ以下のもの 8枚
長さが170センチ以上190センチ以下のもの 9枚
長さが190センチ以上210センチ以下のもの 10枚

ただし、幅と高さの合計が120センチを超えるものは、長さに関係なく10枚必要になります。例えば、長さが100センチ、幅が80センチ、高さが50センチのものは、長さだけで見れば5枚で済みますが、幅と高さの合計が130センチなので、10枚必要になります。また、重さが50キログラムを超えるものは、重さに関係なく10枚必要になります。例えば、重さが60キログラムのものは、サイズだけで見れば1枚で済むかもしれませんが、重さが50キログラムを超えるので、10枚必要になります。

北区の粗大ごみ出しと回収手順

北区で粗大ごみを出すときは、以下の手順に従ってください。

1. 収集申し込みをする
2. 処理券(シール)を購入する
3. 処理券を貼るとともに、受付番号を書く
4. 指定された日時と場所に粗大ごみを出す
5. 粗大ごみが回収されるのを確認する

これらの手順について、詳しく見ていきましょう。

北区の粗大ごみ処理方法①: 直接処理施設へ持ち込む

北区で粗大ごみを出す方法の一つは、直接処理施設へ持ち込むことです。この方法は、以下のようなメリットがあります。

– 収集申し込みや処理券の購入が不要になる
– 自分の都合のいい日に処分できるので、スケジュールが組みやすい
– 処分費用が安くなる場合がある

ただし、この方法には、以下のようなデメリットもあります。

– 自分で運搬する必要があるので、大きくて重いものは大変
– 処理施設の営業時間や定休日に注意する必要がある
– 処理施設によっては、事前に予約が必要な場合がある

北区で粗大ごみを直接処理施設へ持ち込む場合は、以下の2つの施設が利用できます。

– 北区清掃工場
– 北区粗大ごみ処理センター

北区の粗大ごみ処理券の購入場所と種類

北区の粗大ごみ処理券は、以下の3つの場所で購入できます。

– コンビニエンスストア(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなど)
– 北区役所
– 北区清掃工場

コンビニエンスストアで購入する場合は、マルチメディア端末を使って、粗大ごみ処理券の画面を表示します。そこで、必要な枚数を入力して、レジで支払います。支払いが完了すると、レシートとともに処理券が発行されます。処理券は、1枚300円です。コンビニエンスストアで購入できるのは、1枚から10枚までです。11枚以上必要な場合は、北区役所や北区清掃工場で購入してください。

北区役所で購入する場合は、環境部環境政策課に行きます。窓口の受付時間は、月曜日から金曜日の8時30分から17時15分までです。窓口で必要な枚数を伝えて、現金で支払います。支払いが完了すると、処理券が発行されます。処理券は、1枚300円です。北区役所で購入できるのは、1枚から99枚までです。100枚以上必要な場合は、北区清掃工場で購入してください。

北区清掃工場で購入する場合は、受付窓口に行きます。受付時間は、月曜日から金曜日の9時から16時までです。窓口で必要な枚数を伝えて、現金で支払います。支払いが完了すると、処理券が発行されます。処理券は、1枚300円です。北区清掃工場で購入できるのは、1枚から999枚までです。1000枚以上必要な場合は、事前に連絡してください。

北区の粗大ごみ処理方法②: 民間業者に依頼する

北区で粗大ごみを出す方法のもう一つは、民間業者に依頼することです。この方法は、以下のようなメリットがあります。

– 自分で運搬しなくてもいいので、大きくて重いものでも楽
– 収集日時や場所を自由に選べるので、都合がいい
– 処理券や収集申し込みが不要になる場合がある

ただし、この方法には、以下のようなデメリットもあります。

– 処分費用が高くなる場合がある
– 信頼できる業者を見つける必要がある
– 業者によっては、事前に見積もりや予約が必要な場合がある

北区で粗大ごみを民間業者に依頼する場合は、以下の2つの方法があります。

– 北区が指定する業者に依頼する
– 自分で探した業者に依頼する

北区の粗大ごみ処理券の書き方と貼り方

北区で粗大ごみを出す場合は、処理券を貼るとともに、受付番号を書く必要があります。処理券の書き方と貼り方は、以下の通りです。

– 処理券の裏面に、受付番号を書く。受付番号は、収集申し込みの際に発行されたものです。受付番号は、半角数字で書きます。受付番号がない場合は、回収されません。
– 処理券を、粗大ごみの目立つところに貼る。処理券は、必要な枚数を一つにまとめて貼ること。処理券が貼られていない場合や、必要な枚数より少ない場合は、回収されません。
– 処理券を貼った粗大ごみに、品目や個数を書いた紙を貼る。品目や個数は、収集申し込みの際に伝えたものと同じにします。紙は、A4サイズで、テープでしっかりと固定すること。紙が貼られていない場合や、品目や個数が違う場合は、回収されません。

北区の粗大ごみ収集日程と場所

北区で粗大ごみを出す場合は、指定された日時と場所に粗大ごみを出す必要があります。指定された日時と場所は、以下の通りです。

– 指定された日時は、収集申し込みの際に決めたものです。収集日時は、申し込み日の2週間後から選べます。収集日時は、午前8時から午後5時の間になります。収集日時に遅れて出す場合は、回収されません。
– 指定された場所は、自宅の玄関前か、最寄りの粗大ごみ収集所のいずれかです。自宅の玄関前に出す場合は、歩道や車道には出さないこと。最寄りの粗大ごみ収集所に出す場合は、収集日の前日の午後5時から当日の午前8時までに出すこと。収集場所を間違えて出す場合は、回収されません。

一人での粗大ごみ持ち出しの対処方法

北区で粗大ごみを出す場合は、一人で運搬できるものに限ることが原則です。しかし、一人で運搬できないような大きくて重いものを出す場合は、以下の2つの方法があります。

– 収集申し込みの際に、運搬の手伝いを依頼する。この場合は、追加料金が発生することがあります。追加料金は、粗大ごみの品目やサイズ、運搬距離などによって異なります。追加料金は、収集申し込みの際に確認できます。
– 民間業者に運搬を依頼する。この場合は、自分で費用を負担する必要があります。民間業者に運搬を依頼する場合は、収集申し込みの際に、その旨を伝えること。民間業者に運搬を依頼する場合は、収集日時と場所を業者と相談すること。

北区の粗大ごみ回収可能品目の制限は?

北区で粗大ごみとして回収できるものは、家庭で使用する家具や家電などの大型のごみです。ただし、以下のようなものは、粗大ごみとして回収できません。

– 可燃ごみや不燃ごみとして出せるもの(例:ほうき、傘、プラスチック製のバケツなど)
– 資源ごみとして出せるもの(例:新聞紙、段ボール、ペットボトルなど)
– 危険物(例:ガスボンベ、消火器、スプレー缶など)
– 有害物(例:蛍光灯、水銀温度計、乾電池など)
– 自動車や自転車などの乗り物
– 動物の死骸や生ごみ
– 事業者が出すごみや事業者が処分する義務のあるごみ(例:パソコン、テレビ、エアコン、冷蔵庫などの家電4品目、タイヤ、建築廃材など)

これらのものは、それぞれ適切な方法で処分する必要があります。詳しくは、北区のホームページやごみの分別表を参照してください。

粗大ごみ処理券 (シール) の購入・書き方

北区で粗大ごみを出すには、処理券(シール)を購入して貼る必要があります。処理券は、粗大ごみの品目やサイズに応じて、必要な枚数を購入して貼ります。処理券は、1枚300円です。処理券の購入方法や貼り方については、以下の通りです。

– 処理券の裏面に、受付番号を書く。受付番号は、収集申し込みの際に発行されたものです。受付番号は、半角数字で書きます。受付番号がない場合は、回収されません。
– 処理券を、粗大ごみの目立つところに貼る。処理券は、必要な枚数を一つにまとめて貼ること。処理券が貼られていない場合や、必要な枚数より少ない場合は、回収されません。
– 処理券を貼った粗大ごみに、品目や個数を書いた紙を貼る。品目や個数は、収集申し込みの際に伝えたものと同じにします。紙は、A4サイズで、テープでしっかりと固定すること。紙が貼られていない場合や、品目や個数が違う場合は、回収されません。

処理券の購入場所は、以下の3つの場所です。

– コンビニエンスストア(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなど)
– 北区役所
– 北区清掃工場

コンビニエンスストアで購入する場合は、マルチメディア端末を使って、粗大ごみ処理券の画面を表示します。そこで、必要な枚数を入力して、レジで支払います。支払いが完了すると、レシートとともに処理券が発行されます。処理券は、1枚300円です。コンビニエンスストアで購入できるのは、1枚から10枚までです。11枚以上必要な場合は、北区役所や北区清掃工場で購入してください。

北区役所で購入する場合は、環境部環境政策課に行きます。窓口の受付時間は、月曜日から金曜日の8時30分から17時15分までです。窓口で必要な枚数を伝えて、現金で支払います。支払いが完了すると、処理券が発行されます。処理券は、1枚300円です。北区役所で購入できるのは、1枚から99枚までです。100枚以上必要な場合は、北区清掃工場で購入してください。

北区清掃工場で購入する場合は、受付窓口に行きます。受付時間は、月曜日から金曜日の9時から16時までです。窓口で必要な枚数を伝えて、現金で支払います。支払いが完了すると、処理券が発行されます。処理券は、1枚300円です。北区清掃工場で購入できるのは、1枚から999枚までです。1000枚以上必要な場合は、事前に連絡してください。

粗大ごみの出し方・回収方法

北区で粗大ごみを出す場合は、以下の手順に従ってください。

1. 収集申し込みをする
2. 処理券(シール)を購入する
3. 処理券を貼るとともに、受付番号を書く
4. 指定された日時と場所に粗大ごみを出す
5. 粗大ごみが回収されるのを確認する

これらの手順について、詳しく見ていきましょう。

北区の粗大ごみキャンセル期限と日程変更方法は?

北区で粗大ごみを出す場合は、収集申し込みをする必要があります。収集申し込みは、インターネット、電話、窓口のいずれかで行えます。収集申し込みをした後に、キャンセルや日程変更をしたい場合は、以下の方法で行えます。

– キャンセルをしたい場合は、収集日の前日の午後5時までに、インターネット、電話、窓口のいずれかで行えます。キャンセルをする場合は、受付番号が必要になります。受付番号は、収集申し込みの際に発行されたものです。キャンセルをすると、処理券は返金されませんので、注意してください。
– 日程変更をしたい場合は、収集日の前日の午後5時までに、インターネット、電話、窓口のいずれかで行えます。日程変更をする場合は、受付番号が必要になります。受付番号は、収集申し込みの際に発行されたものです。日程変更をすると、新しい受付番号が発行されますので、メモしておいてください。また、処理券に書いた受付番号も新しいものに書き直してください。

北区の粗大ごみ申込内容照会方法は?

北区で粗大ごみを出す場合は、収集申し込みをする必要があります。収集申し込みをした後に、申込内容を照会したい場合は、以下の方法で行えます。

– インターネットで照会する場合は、北区のホームページから、粗大ごみ収集申し込みシステムにアクセスします。そこで、受付番号と電話番号を入力します。受付番号は、収集申し込みの際に発行されたものです。電話番号は、収集申し込みの際に登録したものです。入力が完了すると、申込内容が表示されます。
– 電話で照会する場合は、北区の粗大ごみ収集センターに連絡します。受付時間は、月曜日から金曜日の9時から17時までです。電話で照会する場合は、受付番号を伝えます。受付番号は、収集申し込みの際に発行されたものです。受付番号を伝えると、申込内容が確認できます。
– 窓口で照会する場合は、北区役所の環境部環境政策課に行きます。窓口の受付時間は、月曜日から金曜日の8時30分から17時15分までです。窓口で照会する場合は、受付番号を伝えます。受付番号は、収集申し込みの際に発行されたものです。受付番号を伝えると、申込内容が確認できます。

まとめ

この記事では、北区の粗大ごみ出し方、料金を知ってお得に処分するコツについて、詳しく解説しました。北区では、粗大ごみの出し方や料金は、区によって異なります。北区では、以下のことに注意してください。

– 収集申し込みをする
– 処理券(シール)を購入して貼る
– 受付番号を書く
– 指定された日時と場所に粗大ごみを出す

また、粗大ごみを直接処理施設へ持ち込むか、民間業者に依頼するという方法もあります。これらの方法は、それぞれメリットとデメリットがありますので、自分の状況に合わせて選んでください。粗大ごみの処分に困っている方は、ぜひ参考にしてください。