お見積り・お問い合わせ

足立区では、ゴミの分別方法や出し方について、独自のルールがあります。特に、不燃ごみは、他の区とは異なる処理方法が必要です。この記事では、足立区のゴミ出し方法を詳しく解説し、ゴミの分別方法を簡単に紹介します。また、可燃ゴミ、不燃ごみ、資源ごみの捨て方を詳しく解説します。足立区で暮らす方は、ぜひ参考にしてください。

足立区のゴミ出し方法を詳しく解説

足立区では、ゴミの出し方について、以下のようなルールがあります。

– ゴミは、指定された曜日の朝8時までに、指定された場所に出すこと。
– ゴミは、区が配布する指定の袋に入れること。指定の袋は、区役所や区民センター、スーパーなどで購入できる。
– ゴミは、種類ごとに分別すること。分別方法は、後述します。
– ゴミは、ひもでしっかりと結ぶこと。袋が破れたり、中身がこぼれたりしないように注意すること。
– ゴミは、出す前に汚れや水分を拭き取ること。悪臭や虫の発生を防ぐために、清潔に保つこと。
– ゴミは、出した後に回収されるまで、自分の目で見守ること。ゴミの散乱や盗難を防ぐために、責任を持って管理すること。

これらのルールを守らないと、ゴミが回収されないだけでなく、罰金や指導を受ける可能性があります。足立区では、ゴミの正しい出し方を啓発するために、ゴミ出しマナーのパトロールやチェックを行っています。ゴミ出しマナーを守って、快適な住環境を作りましょう。

ゴミの分別方法を簡単に紹介

足立区では、ゴミの分別方法について、以下のようなルールがあります。

可燃ゴミの適切な処分方法

可燃ゴミとは、燃えるゴミのことです。主に、生活に関するゴミが該当します。例えば、食べ残しや皮や骨、紙や布、木くずや花くずなどです。可燃ゴミは、以下のように処分します。

回収車の役割と流れ

可燃ゴミは、回収車によって回収されます。回収車は、区内の各地域に割り当てられた曜日に、指定された場所にやってきます。回収車は、ゴミを積み込む前に、ゴミの分別や出し方をチェックします。ゴミが正しく分別されていない場合や、出し方に問題がある場合は、回収を拒否します。回収を拒否されたゴミには、理由を記した札が貼られます。回収を拒否されたゴミは、自分で持ち帰り、次回の回収日までに改善する必要があります。

可燃ゴミの処分手順

可燃ゴミの処分手順は、以下の通りです。

– 可燃ゴミは、区が配布する赤色の袋に入れること。
– 可燃ゴミは、月曜日と木曜日に回収されること。
– 可燃ゴミは、朝8時までに指定された場所に出すこと。
– 可燃ゴミは、ひもでしっかりと結び、袋が破れたり、中身がこぼれたりしないようにすること。
– 可燃ゴミは、出す前に汚れや水分を拭き取り、清潔に保つこと。
– 可燃ゴミは、出した後に回収されるまで、自分の目で見守ること。

不燃ごみの捨て方とは?

不燃ごみとは、燃えないゴミのことです。主に、金属やガラス、陶器や石などの硬いゴミが該当します。例えば、缶やビン、皿やコップ、ハサミや釘などです。不燃ごみは、以下のように処分します。

不燃ごみの種類と処分方法

不燃ごみは、大きさや形によって、小型不燃ごみと大型不燃ごみに分けられます。小型不燃ごみとは、長さが30cm以下で、重さが1kg以下のものです。大型不燃ごみとは、長さが30cmを超えるか、重さが1kgを超えるものです。小型不燃ごみと大型不燃ごみの処分方法は、異なります。

小型不燃ごみの処分方法

小型不燃ごみの処分方法は、以下の通りです。

– 小型不燃ごみは、区が配布する青色の袋に入れること。
– 小型不燃ごみは、第1・第3水曜日に回収されること。
– 小型不燃ごみは、朝8時までに指定された場所に出すこと。
– 小型不燃ごみは、ひもでしっかりと結び、袋が破れたり、中身がこぼれたりしないようにすること。
– 小型不燃ごみは、出す前に汚れや水分を拭き取り、清潔に保つこと。
– 小型不燃ごみは、出した後に回収されるまで、自分の目で見守ること。

大型不燃ごみの処分方法

大型不燃ごみの処分方法は、以下の通りです。

– 大型不燃ごみは、事前に申し込みをすること。申し込みは、区のホームページや電話で行える。申し込み時に、ゴミの種類や大きさ、回収日などを伝えること。
– 大型不燃ごみは、区が指定する有料のシールを貼ること。シールは、区役所や区民センター、コンビニなどで購入できる。シールの値段は、ゴミの大きさや重さによって異なる。
– 大型不燃ごみは、申し込んだ回収日の朝8時までに指定された場所に出すこと。出す場所は、申し込み時に確認すること。
– 大型不燃ごみは、ひもでしっかりと結び、袋が破れたり、中身がこぼれたりしないようにすること。また、ゴミの種類や大きさをわかりやすく書いた紙を貼ること。
– 大型不燃ごみは、出す前に汚れや水分を拭き取り、清潔に保つこと。
– 大型不燃ごみは、出した後に回収されるまで、自分の目で見守ること。

資源ごみの分別方法

資源ごみとは、再利用できるゴミのことです。主に、紙やプラスチック、金属や布などのゴミが該当します。例えば、新聞紙や雑誌、ペットボトルや牛乳パック、缶やビン、古着や布団などです。資源ごみは、以下のように処分します。

資源ごみの集団回収について

資源ごみは、集団回収によって回収されます。集団回収とは、区が指定した団体や業者が、区内の各地域に割り当てられた曜日に、指定された場所にやってきて、資源ごみを回収することです。集団回収は、区の収入になるだけでなく、環境保護にも貢献します。集団回収に協力して、資源の有効活用をしましょう。

資源ごみの効率的な分別方法

資源ごみの分別方法は、以下の通りです。

– 資源ごみは、区が配布する黄色の袋に入れること。ただし、古着や布団などの布類は、透明なビニール袋に入れること。
– 資源ごみは、第2・第4火曜日に回収されること。
– 資源ごみは、朝8時までに指定された場所に出すこと。
– 資源ごみは、ひもでしっかりと結び、袋が破れたり、中身がこぼれたりしないようにすること。
– 資源ごみは、出す前に汚れや水分を拭き取り、清潔に保つこと。特に、ペットボトルや牛乳パックなどは、中身を空にし、キャップやラベルをはずすこと。
– 資源ごみは、出した後に回収されるまで、自分の目で見守ること。

まとめ

この記事では、足立区のゴミ出し方法を詳しく解説しました。足立区では、ゴミの分別方法や出し方について、独自のルールがあります。特に、不燃ごみは、他の区とは異なる処理方法が必要です。ゴミの分別方法や出し方を守って、ゴミの正しい処分をしましょう。ゴミ出しマナーを守って、快適な住環境を作りましょう。