お見積り・お問い合わせ

クッションは、ソファやベッド、椅子などに置いて、快適に過ごすためのアイテムです。しかし、使い古したり、汚れたり、破れたりした場合は、どうやって捨てるのでしょうか?クッションの中身によって、捨て方や注意点が異なります。今回は、クッションの中身別に捨て方と注意点を紹介します。また、不要品回収業者に依頼する方法もご紹介します。

クッションの中身別捨て方と注意点|綿やプラスティック、ビーズまで

クッションの中身を捨てる方法と留意点

クッションの中身は、主に綿やプラスティック、ビーズなどがあります。それぞれの中身によって、捨て方や注意点が異なります。以下に詳しく説明します。

綿やプラスティックの中身の場合の処分方法

綿やプラスティックの中身のクッションは、粗大ごみとして廃棄するか、通常のごみとして廃棄するかのどちらかになります。どちらに分類されるかは、サイズや自治体の規定によって異なります。以下に具体的な方法を紹介します。

粗大ごみとして廃棄する

粗大ごみとして廃棄する場合は、事前に申し込みが必要です。自治体によって申し込み方法や料金は異なりますが、一般的には、電話やインターネットで申し込みます。申し込み時には、品目やサイズや個数や収集日などを伝えます。また、粗大ごみシールや収集券などが必要な場合もあります。これらは、コンビニや市役所などで購入できます。収集日には、指定された場所にクッションを出します。出す際には、粗大ごみシールや収集券を貼っておく必要があります。また、他のごみと区別するために、クッションと書いた紙を貼っておくと良いでしょう。

通常のごみとして廃棄する

通常のごみとして廃棄する場合は、事前に申し込みは不要です。ただし、サイズや重さに制限があります。一般的には、30cm以下かつ10kg以下のものが通常のごみとして扱われます。また、燃えるごみか燃えないごみかによって、収集日や出し方が異なります。綿の中身のクッションは、燃えるごみとして出すことができます。プラスティックの中身のクッションは、燃えないごみとして出すことができます。ただし、プラスチック製品としてリサイクルできる場合もあります。その場合は、リサイクルマークを確認して、プラスチック製品として出します。出す際には、透明な袋に入れて、種類別に分けて出します。また、他のごみと区別するために、クッションと書いた紙を貼っておくと良いでしょう。

ビーズやマイクロビーズの中身の場合の処分方法

ビーズやマイクロビーズの中身のクッションは、粗大ごみとして廃棄するか、通常のごみとして廃棄するかのどちらかになります。どちらに分類されるかは、サイズや自治体の規定によって異なります。以下に具体的な方法を紹介します。

ビーズ入りクッションの場合

ビーズ入りクッションは、燃えないごみとして扱われます。そのため、粗大ごみとして廃棄する場合は、事前に申し込みが必要です。申し込み方法や料金は、綿やプラスティックの中身のクッションと同様です。収集日には、指定された場所にクッションを出します。出す際には、粗大ごみシールや収集券を貼っておく必要があります。また、他のごみと区別するために、クッションと書いた紙を貼っておくと良いでしょう。

通常のごみとして廃棄する場合は、事前に申し込みは不要です。ただし、サイズや重さに制限があります。一般的には、30cm以下かつ10kg以下のものが通常のごみとして扱われます。出す際には、透明な袋に入れて、燃えないごみとして出します。また、他のごみと区別するために、クッションと書いた紙を貼っておくと良いでしょう。

マイクロビーズ入りクッションの場合

マイクロビーズ入りクッションは、特別なごみとして扱われます。そのため、粗大ごみとして廃棄する場合は、事前に申し込みが必要です。申し込み方法や料金は、綿やプラスティックの中身のクッションと同様です。収集日には、指定された場所にクッションを出します。出す際には、粗大ごみシールや収集券を貼っておく必要があります。また、他のごみと区別するために、クッションと書いた紙を貼っておくと良いでしょう。

通常のごみとして廃棄する場合は、事前に申し込みは不要です。ただし、サイズや重さに制限があります。一般的には、30cm以下かつ10kg以下のものが通常のごみとして扱われます。出す際には、透明な袋に入れて、特別なごみとして出します。また、他のごみと区別するために、クッションと書いた紙を貼っておくと良いでしょう。

不要品回収業者に依頼する

クッションの捨て方として、もう一つの方法は、不要品回収業者に依頼することです。不要品回収業者は、有料で自宅まで引き取りに来てくれるサービスです。クッションの中身に関係なく、サイズや個数に制限がないので、手軽に処分できます。また、リサイクルや再利用に取り組んでいる業者も多いので、環境に優しいというメリットもあります。不要品回収業者に依頼する場合は、インターネットや電話で申し込みます。申し込み時には、品目やサイズや個数や引き取り日などを伝えます。引き取り日には、自宅の玄関先にクッションを置いておきます。業者によっては、クッションカバーを外しておく必要がある場合もあります。料金は、品目やサイズや個数や地域によって異なりますが、一般的には、1,000円から5,000円程度です。料金は、現金やクレジットカードや銀行振込などで支払います。

まとめ

クッションの捨て方は、中身によって異なります。綿やプラスティックの中身の場合は、粗大ごみとして廃棄するか、通常のごみとして廃棄するかのどちらかになります。ビーズやマイクロビーズの中身の場合は、特別なごみとして廃棄するか、粗大ごみとして廃棄するかのどちらかになります。また、不要品回収業者に依頼することもできます。クッションの捨て方には、事前に申し込みや料金や注意点がありますので、自治体の規定や業者の条件を確認してから、適切な方法を選ぶようにしましょう。

対応エリアについて

ハロッズでは1都3県エリアを中心にサービスをご提供しております。対応エリア外の場合でも、内容によってはご対応が可能な場合がございますので、まずはお問い合わせください。
ハロッズでは地域に根差し、地域の皆様に安全で満足いただけるサービスを提供することで、地域に貢献していきたいと考えています。