お見積り・お問い合わせ

椅子は、家具の中でもよく使われるものですが、使い古したり、壊れたり、新しいものに買い替えたりすると、どうやって処分するか悩むことがあります。椅子は、燃えないゴミや粗大ゴミとして出すことができますが、手続きや料金が面倒だったり、出せる日が限られていたりすることもあります。そこで、この記事では、椅子を捨てる新しい方法5選を紹介します。また、不用品回収を専門家に依頼してリユースする方法や、お住まいの地域で不用品回収業者を探す方法もお伝えします。椅子の処分に困っている方は、ぜひ参考にしてください。

1)イス(椅子)を捨てる新しい方法5選

1-1)無料で捨てるための手段

1-1-1)燃えないゴミや粗大ゴミとして処分する

椅子を捨てる最も一般的な方法は、燃えないゴミや粗大ゴミとして出すことです。しかし、この方法にはいくつかの注意点があります。まず、椅子の種類やサイズによっては、粗大ゴミとして出す必要があります。粗大ゴミとして出す場合は、事前に市区町村の窓口やインターネットで申し込みをして、料金を支払う必要があります。料金は、椅子の数や重さによって異なりますが、一般的には1,000円から3,000円程度です。また、粗大ゴミとして出せる日は、月に数回しかありません。そのため、事前に日程を確認しておく必要があります。さらに、椅子を出すときは、分解できる場合は分解して、ビニール袋や紐でまとめておく必要があります。これらの手続きやルールを守らないと、椅子が回収されないこともあります。

1-1-2)オフィスの椅子を捨てない方法

オフィスの椅子を捨てる場合は、燃えないゴミや粗大ゴミとして出すことができません。オフィスの椅子は、事業者が使用したものとして、産業廃棄物として処分する必要があります。産業廃棄物として処分する場合は、専門の業者に依頼して、回収や処理をしてもらう必要があります。業者によっては、無料で回収してくれるところもありますが、多くの場合は、有料であることが多いです。料金は、椅子の数や重さ、処理方法などによって異なりますが、一般的には1,000円から5,000円程度です。また、業者に依頼するときは、事前に見積もりをとって、契約書を交わす必要があります。さらに、椅子を回収してもらった後は、産業廃棄物の処分証明書をもらっておく必要があります。これらの手続きやルールを守らないと、違法投棄として罰せられることもあります。

1-2)寄付や譲渡の方法

椅子を捨てる方法の中で、最もエコで社会貢献できる方法は、寄付や譲渡することです。椅子がまだ使える状態であれば、必要としている人や団体に寄付や譲渡することができます。寄付や譲渡する方法は、以下のようなものがあります。

– NPOやNGOなどの団体に寄付する:NPOやNGOなどの団体は、災害や貧困などの社会問題に取り組んでいるところが多く、椅子などの家具を必要としている場合があります。寄付する場合は、事前に団体のホームページや電話で問い合わせて、寄付の方法や条件を確認しておく必要があります。団体によっては、椅子を無料で回収してくれるところもありますが、多くの場合は、自分で椅子を持ち込む必要があります。また、寄付した椅子がどのように活用されるかは、団体の方針によって異なります。寄付した椅子が直接必要としている人に届くとは限りません。そのため、寄付する前に、団体の活動内容や信頼性を確認しておくことが大切です。
– 知人や友人に譲渡する:椅子を捨てる前に、知人や友人に譲渡することもできます。知人や友人に譲渡する場合は、事前に連絡して、椅子の状態やサイズ、色などを伝えておく必要があります。また、譲渡するときは、椅子を清掃して、汚れや傷などを補修しておくことが望ましいです。さらに、譲渡するときは、料金や送料などの条件を明確にしておくことが大切です。料金は、無料で譲渡する場合もあれば、相場より安く譲渡する場合もあります。送料は、自分で椅子を届ける場合もあれば、相手に椅子を引き取ってもらう場合もあります。これらの条件は、互いに納得できるものにすることが重要です。

1-3)フリマアプリを活用して売却する

椅子を捨てる方法の中で、最も簡単でお得な方法は、フリマアプリを活用して売却することです。フリマアプリとは、スマートフォンやタブレットなどの端末で、個人間で物品の売買ができるアプリのことです。フリマアプリを活用する方法は、以下のようなものがあります。

– メルカリやラクマなどのポピュラーなフリマアプリを使う:メルカリやラクマなどのフリマアプリは、日本で最も人気のあるフリマアプリです。これらのフリマアプリを使う場合は、まず、アプリをダウンロードして、アカウントを作成します。次に、椅子の写真や説明、価格などを登録して、出品します。出品した椅子に興味を持った人がいれば、アプリ内でメッセージやコメントをやりとりして、取引を進めます。取引が成立したら、椅子を梱包して、指定された方法で発送します。発送したら、アプリ内で発送通知をします。相手が椅子を受け取ったら、アプリ内で受け取り通知をします。受け取り通知がされたら、取引が完了します。完了したら、アプリ内で評価をします。これらのフリマアプリを使うメリットは、以下のようなものがあります。

– 手数料が安い:メルカリやラクマなどのフリマアプリは、手数料が安いことが特徴です。メルカリは、売上金の10%、ラクマは、売上金の3.5%が手数料として引かれます。これは、他のフリマアプリやオークションサイトに比べて、かなり安いです。また、メルカリやラクマは、送料も安く設定されています。メルカリは、椅子のサイズや重さによって、800円から1,500円程度、ラクマは、椅子のサイズや重さによって、1,000円から2,000円程度の送料がかかります。これは、自分で配送業者を選んだり、宅配便の料金表を調べたりする必要がなく、便利です。
– 利用者が多い:メルカリやラクマなどのフリマアプリは、利用者が多いことも特徴です。メルカリは、約2,000万人、ラクマは、約1,000万人のユーザーが登録しています。これは、椅子を出品したときに、多くの人に見てもらえる可能性が高いことを意味します。また、椅子の種類や価格によっては、すぐに売れることもあります。これは、椅子を早く処分したい場合に、便利です。

– ジモティーやジャネットなどの地域密着型のフリマアプリを使う:ジモティーやジャネットなどのフリマアプリは、地域密着型のフリマアプリです。これらのフリマアプリを使う場合は、まず、アプリをダウンロードして、アカウントを作成します。次に、椅子の写真や説明、価格などを登録して、出品します。出品した椅子に興味を持った人がいれば、アプリ内でメッセージやコメントをやりとりして、取引を進めます。取引が成立したら、椅子を直接手渡しするか、相手に椅子を引き取ってもらうか、相談します。手渡しや引き取りが完了したら、アプリ内で評価をします。これらのフリマアプリを使うメリットは、以下のようなものがあります。

– 送料がかからない:ジモティーやジャネットなどのフリマアプリは、送料がかからないことが特徴です。これは、椅子を直接手渡しするか、相手に椅子を引き取ってもらうか、相談できるからです。これは、椅子のサイズや重さに関係なく、送料を気にせずに出品できることを意味します。また、椅子を梱包したり、発送したりする手間も省けます。
– 近くの人と取引できる:ジモティーやジャネットなどのフリマアプリは、近くの人と取引できることも特徴です。これは、椅子を出品したときに、自分の住んでいる地域や近隣の地域に限定して、検索できるからです。これは、椅子を手渡しするときや、引き取ってもらうときに、移動距離や時間を短縮できることを意味します。また、近くの人と取引することで、信頼感や安心感も高まります。

2)不用品回収を専門家に依頼してリユースする

椅子を捨てる方法の中で、最も手間がかからず、環境にも優しい方法は、不用品回収を専門家に依頼してリユースすることです。不用品回収とは、不用品を回収してくれる業者のことです。不用品回収を専門家に依頼する方法は、以下のようなものがあります。

– リユース専門の不用品回収業者に依頼する:不用品回収業者は、リユース専門の不用品回収業者です。これらの不用品回収業者に依頼する場合は、まず、電話やインターネットで問い合わせて、見積もりをもらいます。次に、見積もりに納得したら、日時を決めて、椅子を回収してもらいます。回収した椅子は、リユースショップや海外の団体などに寄付や販売されます。これらの不用品回収業者に依頼するメリットは、以下のようなものがあります。

– 料金が安いか、無料か、もしくは買取りになる:不用品回収業者は、料金が安いか、無料か、もしくは買取りになることが特徴です。これは、回収した椅子をリユースすることで、コストを抑えることができるからです。料金は、椅子の種類や状態、数などによって異なりますが、一般的には、500円から2,000円程度です。また、椅子がまだ使える状態であれば、無料で回収してくれることもあります。

– 無料か、もしくは買取りになる:不用品回収業者は、無料で回収してくれることが多いです。これは、回収した椅子をリユースすることで、収益を得ることができるからです。また、椅子が高価なブランド品やアンティークなどであれば、買取りしてくれることもあります。買取りの場合は、椅子の種類や状態、市場価値などによって、数千円から数万円程度の金額が支払われます。これは、椅子を処分するだけでなく、お金にもなることを意味します。

– 環境に優しい:不用品回収業者は、環境に優しいことも特徴です。これは、回収した椅子をリユースすることで、廃棄物の量を減らし、資源の再利用を促進することができるからです。また、回収した椅子をリユースショップや海外の団体などに寄付や販売することで、社会貢献もできます。これは、椅子を処分するだけでなく、環境や社会にも良い影響を与えることを意味します。

– 一般的な不用品回収業者に依頼する:不用品回収業者に依頼する場合は、まず、電話やインターネットで問い合わせて、見積もりをもらいます。次に、見積もりに納得したら、日時を決めて、椅子を回収してもらいます。回収した椅子は、リサイクルや廃棄物処理場などに運ばれます。これらの不用品回収業者に依頼するメリットは、以下のようなものがあります。

– 迅速に対応してくれる:不用品回収業者は、迅速に対応してくれることが特徴です。これは、電話やインターネットで問い合わせたら、すぐに見積もりを出してくれるし、日時も自分の都合に合わせて決められるからです。また、回収の際も、椅子を分解したり、梱包したりする必要がなく、そのまま回収してくれます。これは、椅子を処分するのに時間や手間がかからないことを意味します。
– 安心して任せられる:不用品回収業者は、安心して任せられることも特徴です。これは、回収した椅子を適切にリサイクルや廃棄物処理場に運んでくれるし、回収後に不用品の処分証明書を発行してくれるからです。また、回収の際も、椅子を傷つけたり、汚したりすることがなく、丁寧に扱ってくれます。これは、椅子を処分するのに安全や衛生面に問題がないことを意味します。

まとめ

椅子を捨てる方法は、燃えないゴミや粗大ゴミとして出す方法、寄付や譲渡する方法、フリマアプリを活用して売却する方法、不用品回収を専門家に依頼してリユースする方法の4つがあります。それぞれにメリットやデメリットがありますので、自分の椅子の種類や状態、処分したい時期や予算などに合わせて、最適な方法を選ぶことが大切です。椅子を捨てるときは、手続きやルールを守って、適切に処分しましょう。

対応エリアについて

ハロッズでは1都3県エリアを中心にサービスをご提供しております。対応エリア外の場合でも、内容によってはご対応が可能な場合がございますので、まずはお問い合わせください。
ハロッズでは地域に根差し、地域の皆様に安全で満足いただけるサービスを提供することで、地域に貢献していきたいと考えています。