お見積り・お問い合わせ

中野区で粗大ごみを出すときには、どのような手順や注意点があるのでしょうか?粗大ごみとは、一般的には家具や家電など、一辺が30cm以上のものを指します。中野区では、粗大ごみの出し方は一般ゴミと産業廃棄物(事業ゴミ)に分かれます。この記事では、それぞれのゴミの出し方や処理券の購入方法、申し込みのコツなどを紹介します。中野区で粗大ごみを出す際には、ぜひ参考にしてください。

中野区のゴミの捨て方

中野区では、ゴミの捨て方は一般ゴミと産業廃棄物(事業ゴミ)に分かれます。一般ゴミとは、家庭で発生するゴミのことで、産業廃棄物とは、事業所や店舗で発生するゴミのことです。一般ゴミと産業廃棄物の出し方は異なりますので、注意してください。

中野区のゴミの出し方|産業廃棄物(事業ゴミ)中野区の手順

中野区のゴミ出しの手順

中野区で産業廃棄物(事業ゴミ)を出すときには、以下の手順に従ってください。

1. 粗大ごみの種類や量を確認する:粗大ごみの種類や量によって、処理券の枚数や料金が異なります。中野区のホームページや粗大ごみ受付センターで確認できます。
2. 処理券を購入する:処理券は、中野区の指定店舗やインターネットで購入できます。処理券の価格は、粗大ごみの種類や量によって異なります。処理券は、必ず受付日の前日までに購入してください。
3. 受付センターに申し込む:粗大ごみの受付は、電話かインターネットで行えます。受付日は、月曜日から金曜日の9時から17時までです。受付時には、処理券の番号や粗大ごみの種類や量、収集日や収集場所などを伝えてください。
4. 収集日に粗大ごみを出す:受付センターから指定された収集日に、8時までに粗大ごみを出してください。粗大ごみには、処理券を貼り付けてください。収集場所は、自宅の玄関先や敷地内など、収集車が入れる場所にしてください。収集場所が不適切な場合は、収集できないことがあります。

中野区の事業ゴミの適切な処分方法

中野区のゴミの分別方法

中野区では、ゴミの分別は資源ゴミと可燃ゴミと不燃ゴミの3種類に分けられます。資源ゴミとは、再利用やリサイクルが可能なゴミのことで、可燃ゴミとは、燃やして処理できるゴミのことです。不燃ゴミとは、燃やしても消えないゴミのことで、粗大ごみの一部も含まれます。ゴミの分別方法は、中野区のホームページやゴミ分別ガイドで確認できます。ゴミの分別は、環境保護や資源の有効活用に役立ちますので、正しく行ってください。

中野区の産業廃棄物の管理方法

中野区では、産業廃棄物の管理は、発生者の責任とされています。産業廃棄物の管理方法は、以下のとおりです。

– 産業廃棄物の発生を抑える:産業廃棄物の発生を抑えるためには、省エネや省資源、再利用やリサイクルなどの取り組みを行うことが重要です。
– 産業廃棄物の適正な保管をする:産業廃棄物の保管は、発生場所の近くで行うことが望ましいです。保管するときには、分別や梱包、表示などのルールに従ってください。保管期間は、原則として6か月以内にしてください。
– 産業廃棄物の適正な処分をする:産業廃棄物の処分は、許可を受けた業者に委託することが必要です。処分するときには、産業廃棄物マニフェストという伝票を作成して、発生者・収集運搬業者・処理業者の間でやり取りすることが義務付けられています。産業廃棄物マニフェストは、3年間保存することが求められています。

中野区の産業廃棄物処理の料金相場

中野区で産業廃棄物を処理するときには、収集運搬料と処理料がかかります。収集運搬料とは、産業廃棄物を発生場所から処理場所まで運ぶ費用のことで、処理料とは、産業廃棄物を焼却や埋立などで処分する費用のことです。収集運搬料と処理料の料金相場は、産業廃棄物の種類や量、運搬距離、処分方法などによって異なります。中野区のホームページや収集運搬業者に問い合わせることで、料金相場を確認できます。料金相場の一例として、以下の表を参考にしてください。

産業廃棄物の種類 収集運搬料(1トンあたり) 処理料(1トンあたり)
家具類 5,000円~10,000円 3,000円~5,000円
家電類 10,000円~15,000円 5,000円~10,000円
金属類 5,000円~10,000円 1,000円~3,000円
木材類 5,000円~10,000円 2,000円~4,000円
プラスチック類 5,000円~10,000円 3,000円~5,000円

中野区の廃棄物削減に向けた取り組み

中野区では、廃棄物の削減に向けて、さまざまな取り組みを行っています。例えば、以下のようなものがあります。

– リユースセンターの設置:リユースセンターとは、不要になった家具や家電などを無料で引き取り、修理や清掃をして再利用できるようにする施設のことです。中野区では、中野区リユースセンターという名称で、中野区立中央図書館の隣にあります。リユースセンターでは、月に1回、リユース品の販売会も行っています。
– リサイクルショップの紹介:リサイクルショップとは、不要になった品物を買い取り、再販する店舗のことです。中野区では、中野区リサイクルショップ協議会という組織があり、約30店舗が加盟しています。リサイクルショップでは、家具や家電、衣類や本、食器や玩具など、さまざまな品物を買い取ります。
– リサイクル品の活用:リサイクル品とは、廃棄物を原料として再生した製品のことです。中野区では、リサイクル品の購入や使用を推奨しています。例えば、ペットボトルから作られたトイレットペーパーや、古紙から作られたコピー用紙などがあります。リサイクル品の活用は、資源の節約や二酸化炭素の削減に貢献します。

まとめ

この記事では、中野区で粗大ごみを出すときのポイントを紹介しました。粗大ごみの出し方は、一般ゴミと産業廃棄物(事業ゴミ)に分かれます。一般ゴミの場合は、処理券を購入して受付センターに申し込むことが必要です。産業廃棄物の場合は、許可を受けた業者に委託して産業廃棄物マニフェストを作成することが必要です。また、ゴミの分別やリユースやリサイクルなどの取り組みを行うことで、廃棄物の削減に努めましょう。