お見積り・お問い合わせ

荒川区でゴミの分別や粗大ゴミの処分に困っていませんか?荒川区では、一般的な生活ゴミや資源ゴミのほかに、粗大ゴミや家電リサイクル対象品などの特別なゴミの処分方法が定められています。しかし、自治体によるゴミ回収や処分方法は、手続きや料金、日程などが複雑で、わかりにくいことも多いですよね。そこで、この記事では、荒川区でゴミの分別や粗大ゴミの処分を簡単にする方法をご紹介します。自治体によるゴミ回収と処分方法のほかに、自治体外での粗大ゴミ処分テクニックもお伝えします。荒川区でゴミの分別や粗大ゴミの処分に関する悩みを解決しましょう。

荒川区の粗大ゴミ処分のポイント

荒川区で粗大ゴミを処分する場合、まず知っておくべきポイントがあります。それは、粗大ゴミの定義と種類です。荒川区では、以下のように粗大ゴミを定義しています。

> 粗大ゴミとは、一辺が30cm以上で、かつ、重さが10kg以上のもので、家庭で出るゴミのうち、一般的な生活ゴミとして出せないものをいいます。

また、粗大ゴミは、家電リサイクル対象品とその他の粗大ゴミに分けられます。家電リサイクル対象品とは、以下の4つの家電製品のことです。

– テレビ
– 冷蔵庫・冷凍庫
– 洗濯機・衣類乾燥機
– エアコン

これらの家電製品は、家電リサイクル法に基づいて、専用の回収・処分方法が定められています。その他の粗大ゴミとは、家電リサイクル対象品以外の粗大ゴミのことで、例えば、以下のようなものが該当します。

– 家具(机、椅子、棚、ベッドなど)
– 寝具(布団、マットレス、枕など)
– 自転車
– スーツケース
– ゴルフバッグ
– カーペット
– 絨毯
– カーテン
– 布製品
– 金属製品
– 木製品
– プラスチック製品

これらの粗大ゴミは、荒川区の粗大ゴミ回収システムによって、有料で回収・処分されます。ただし、以下のようなものは、粗大ゴミとして出せません。

– 事業所で出るゴミ
– 建築廃材
– 自動車・バイク・原付
– ガスボンベ
– タイヤ
– ピアノ
– 電子ピアノ
– オルガン
– パソコン
– 液晶モニター
– プリンター
– スキャナー
– ファクシミリ
– コピー機
– 電話機
– 携帯電話
– ビデオカメラ
– デジタルカメラ
– 電子辞書
– 電子手帳
– ゲーム機
– 電子レンジ
– 炊飯器
– 電気ポット
– 電気カーペット
– 電気毛布
– 電気ストーブ
– 電気ヒーター
– 扇風機
– サーキュレーター
– 空気清浄機
– 加湿器
– 除湿機
– アイロン
– 掃除機
– ドライヤー
– シェーバー
– 電気歯ブラシ
– 電動マッサージ器
– CDプレーヤー
– MDプレーヤー
– DVDプレーヤー
– ビデオデッキ
– レコードプレーヤー
– ラジオ
– カセットプレーヤー
– スピーカー
– アンプ
– イコライザー
– チューナー
– 電子キーボード
– ギター
– バイオリン
– フルート
– トランペット
– ドラム
– タンバリン
– マラカス
– ハーモニカ
– オカリナ
– リコーダー
– フライパン
– 鍋
– 包丁
– まな板
– 皿
– コップ
– グラス
– マグカップ
– ボウル
– カトラリー
– 茶碗
– お椀
– お箸
– スプーン
– フォーク
– ナイフ
– レンジフード
– ガスコンロ
– ガス台
– 風呂釜
– トイレ
– 洗面台
– シャワーヘッド
– 浴槽
– 水道管
– 電気配線
– 電球
– 蛍光灯
– LEDライト
– ランプ
– スタンド
– 照明器具
– 鏡
– 時計
– 目覚まし時計
– 腕時計
– 掛け時計
– 置き時計
– 振り子時計
– 懐中時計
– 水銀温度計
– 水銀血圧計
– 体温計
– 体重計
– 体脂肪計
– 血糖測定器
– 血圧計
– 脈拍計
– 心電計
– 聴診器
– ステートスコープ
– 耳鼻咽喉科器具
– 眼科器具
– 歯科器具
– 火薬
– 爆発物
– 毒物
– 医薬品
– 医療器具
– 銃器
– 刃物
– 金属探知機
– 金属探知器
– 防弾チョッキ
– 防弾ヘルメット
– 防弾ガラス
– 防弾シールド
– 防弾ドア
– 防犯カメラ
– 防犯ブザー
– 防犯ライト
– 防犯錠
– 防犯ネット
– 防犯フィルム
– 防犯スプレー
– 防犯ベルト
– 防犯バッグ
– 防犯マット
– 防犯ミラー
– 防犯ステッカー
– 防犯看板
– 防犯ポール
– 防犯柵
– 防犯用品
– など

これらのものは、危険物や有害物として、粗大ゴミとして出せないだけでなく、適切な処分方法が必要です。これらのものを不適切に処分すると、火災や爆発、汚染などの事故や被害を引き起こす可能性があります。これらのものを処分する場合は、専門業者や公的機関に相談してください。

自治体によるゴミ回収と処分方法【荒川区】

荒川区で粗大ゴミを処分する場合、自治体によるゴミ回収と処分方法を利用することができます。自治体によるゴミ回収と処分方法は、家電リサイクル対象品とその他の粗大ゴミで異なります。それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

【荒川区】粗大ゴミの効率的な処分法

荒川区でその他の粗大ゴミを処分する場合、以下の3つのステップを踏む必要があります。

1. 粗大ゴミ処理券の購入:粗大ゴミを出すには、粗大ゴミ処理券が必要です。粗大ゴミ処理券は、コンビニエンスストアや区役所、区民センターなどで購入できます。粗大ゴミ処理券の料金は、粗大ゴミの種類やサイズによって異なります。料金表は、[荒川区のホームページ](https://www.city.arakawa.tokyo.jp/kurashi/gomi/sodai/sodai.html)で確認できます。
2. 粗大ゴミの申し込み:粗大ゴミ処理券を購入したら、粗大ゴミの申し込みをする必要があります。申し込みは、インターネットや電話、FAXなどでできます。申し込みの際には、粗大ゴミの種類や個数、サイズ、粗大ゴミ処理券の番号などを伝えます。申し込み後、回収日と回収場所が決まります。回収日は、申し込みから約2週間後になります。
3. 粗大ゴミの出し方:回収日と回収場所が決まったら、粗大ゴミの出し方に従って、粗大ゴミを出します。粗大ゴミの出し方は、以下のようになります。
– 回収日の朝8時までに、回収場所に粗大ゴミを出します。
– 粗大ゴミ処理券を、粗大ゴミに貼り付けます。
– 粗大ゴミは、分別して、まとめて、きれいに出します。
– 粗大ゴミは、回収場所に、邪魔にならないように出します。
– 粗大ゴミは、回収日以外には、出さないでください。

以上が、荒川区でその他の粗大ゴミを処分する場合の自治体によるゴミ回収と処分方法です。この方法は、安全で確実ですが、手続きが面倒で時間がかかるというデメリットがあります。また、料金が高いと感じる方もいるかもしれません。そこで、次に紹介する家電リサイクル対象品の処分方法は、簡単で便利でお得な方法です。ぜひ、参考にしてください。

家電リサイクル対象品の適切な処分手段

荒川区で家電リサイクル対象品を処分する場合、自治体によるゴミ回収と処分方法ではなく、家電リサイクル法に基づく家電リサイクルシステムを利用する必要があります。家電リサイクルシステムとは、以下のような仕組みです。

> 家電リサイクル法は、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコンの4品目について、製造者や輸入者が、使用済み家電製品の回収・再資源化等の責任を負うことを定めた法律です。この法律により、使用済み家電製品の適正な処理が促進され、資源の有効利用や環境負荷の低減が図られます。

家電リサイクルシステムを利用する場合、以下の2つのステップを踏む必要があります。

1. 家電リサイクル券の購入:家電リサイクル対象品を処分するには、家電リサイクル券が必要です。家電リサイクル券は、インターネットや郵便局、コンビニエンスストアなどで購入できます。家電リサイクル券の料金は、家電リサイクル対象品の種類やサイズによって異なります。料金表は、[家電リサイクル推進センターのホームページ](https://www.rkc.jeita.or.jp/price/index.html)で確認できます。
2. 家電リサイクル対象品の回収と処分:家電リサイクル券を購入したら、家電リサイクル対象品の回収と処分を依頼する必要があります。回収と処分は、以下の2つの方法があります。
– 製造者や販売店に依頼する方法:家電リサイクル対象品の製造者や販売店に回収と処分を依頼する方法です。この方法は、新しい家電製品を購入する場合におすすめです。新しい家電製品を購入する際に、使用済み家電製品の回収と処分を依頼すると、回収料金が無料になる場合があります。また、回収日や回収場所も自由に指定できます。ただし、製造者や販売店によっては、対応できない場合や有料の場合もあります。詳しくは、製造者や販売店に問い合わせてください。
– 指定回収業者に依頼する方法:家電リサイクル対象品の指定回収業者に回収と処分を依頼する方法です。この方法は、新しい家電製品を購入しない場合や製造者や販売店に依頼できない場合におすすめです。指定回収業者は、家電リサイクル推進センターが指定した信頼できる業者です。指定回収業者に依頼する場合、回収料金は有料ですが、回収日や回収場所は自由に指定できます。指定回収業者の一覧は、[家電リサイクル推進センターのホームページ](https://www.rkc.jeita.or.jp/collect/index.html)で確認できます。

以上が、荒川区で家電リサイクル対象品を処分する場合の家電リサイクルシステムです。このシステムは、簡単で便利でお得な方法です。家電リサイクル対象品を処分する際には、ぜひ、利用してください。

自治体外での粗大ゴミ処分テクニック

荒川区で粗大ゴミを処分する場合、自治体によるゴミ回収と処分方法や家電リサイクルシステム以外にも、自治体外での粗大ゴミ処分テクニックがあります。自治体外での粗大ゴミ処分テクニックとは、以下のような方法です。

– 買取業者を活用した処分方法:粗大ゴミの中には、まだ使えるものや価値のあるものがある場合があります。そのような粗大ゴミは、買取業者に売ることで、処分料金を節約できるだけでなく、収入を得ることができます。買取業者は、インターネットや電話などで簡単に見つけることができます。買取業者に依頼する場合、査定や引き取りが無料の場合が多いです。ただし、買取価格は、粗大ゴミの種類や状態、需要などによって異なります。また、買取できない場合もあります。詳しくは、買取業者に問い合わせてください。
– 不用品回収業者に頼むメリット:粗大ゴミの中には、買取できないものや処分が難しいものがある場合があります。そのような粗大ゴミは、不用品回収業者に頼むことで、簡単に処分できます。不用品回収業者は、インターネットや電話などで簡単に見つけることができます。不用品回収業者に依頼する場合、引き取りが無料の場合や割引がある場合があります。また、回収日や回収場所も自由に指定できます。ただし、回収料金は、粗大ゴミの種類や個数、サイズなどによって異なります。
– ネットオークションでの売却手順:粗大ゴミの中には、自分には不要だが他人には価値のあるものがある場合があります。そのような粗大ゴミは、ネットオークションで売ることで、処分料金を節約できるだけでなく、収入を得ることができます。ネットオークションは、インターネットで簡単に利用できるサービスです。ネットオークションで売る場合、以下の4つのステップを踏む必要があります。
– 出品するサイトを選ぶ:ネットオークションには、ヤフオクやメルカリ、ラクマなど、さまざまなサイトがあります。出品するサイトは、利用者数や手数料、出品方法などによって異なります。自分に合ったサイトを選びましょう。
– 出品する商品を準備する:出品する商品は、きれいに掃除して、動作確認をしてください。また、商品名や商品説明、商品状態、発送方法などを正確に記載してください。さらに、商品の写真を複数枚、鮮明に撮ってください。これらのことは、落札者の信頼や商品の価値を高めるために重要です。
– 出品する価格を決める:出品する価格は、市場価格や競合商品、商品の人気などによって異なります。出品する価格は、適正で魅力的なものにしましょう。また、即決価格や値下げ交渉、送料込みなどのオプションを利用することで、落札率を高めることができます。
– 商品を発送する:商品が落札されたら、落札者と連絡を取って、発送方法や発送日を確認してください。商品を発送する際には、梱包を丁寧にして、破損や紛失を防ぎましょう。また、発送後には、追跡番号や到着予定日を落札者に伝えてください。そして、商品が到着したら、評価をして、取引を完了させましょう。

以上が、ネットオークションでの売却手順です。この方法は、処分料金を節約できるだけでなく、収入を得ることができる方法です。ただし、出品に時間がかかるというデメリットがあります。また、落札されない場合やトラブルが発生する場合もあります。その場合は、責任を持って対応してください。

– 掲示板サイトを活用した処分のコツ:粗大ゴミの中には、無料で譲りたいものや引き取ってほしいものがある場合があります。そのような粗大ゴミは、掲示板サイトで募集することで、簡単に処分できます。掲示板サイトは、インターネットで簡単に利用できるサービスです。掲示板サイトで募集する場合、以下の3つのコツがあります。
– 募集するサイトを選ぶ:掲示板サイトには、ジモティーやクラシフィード、フリマップなど、さまざまなサイトがあります。募集するサイトは、利用者数やカテゴリー、利用規約などによって異なります。自分に合ったサイトを選びましょう。
– 募集する内容を書く:募集する内容は、商品名や商品説明、商品状態、引き取り方法などを正確に記載してください。また、商品の写真を複数枚、鮮明に撮ってください。さらに、希望する引き取り日や連絡先などを明記してください。これらのことは、引き取り希望者の信頼や商品の魅力を高めるために重要です。
– 商品を引き渡す:商品に引き取り希望者が現れたら、引き取り希望者と連絡を取って、引き取り方法や引き取り日を確認してください。商品を引き渡す際には、安全に注意してください。また、引き取り後には、掲示板サイトで募集を終了させましょう。

以上が、掲示板サイトを活用した処分のコツです。この方法は、簡単に処分できる方法です。ただし、引き取り希望者が現れない場合やトラブルが発生する場合もあります。その場合は、責任を持って対応してください。

荒川区の粗大ゴミ処分のまとめとポイント

この記事では、荒川区でゴミの分別や粗大ゴミの処分を簡単にする方法をご紹介しました。荒川区で粗大ゴミを処分する場合、以下の3つの方法があります。

– 自治体によるゴミ回収と処分方法:安全で確実ですが、手続きが面倒で時間がかかるというデメリットがあります。また、料金が高いと感じる方もいるかもしれません。
– 家電リサイクルシステム:簡単で便利でお得な方法です。家電リサイクル対象品を処分する際には、ぜひ、利用してください。
– 自治体外での粗大ゴミ処分テクニック:買取業者や不用品回収業者、ネットオークションや掲示板サイトなどを活用する方法です。処分料金を節約できるだけでなく、収入を得ることや他人の役に立つこともできます。ただし、引き取り希望者が現れない場合やトラブルが発生する場合もあります。その場合は、責任を持って対応してください。

以上が、自治体外での粗大ゴミ処分テクニックです。これらの方法は、自分の都合や粗大ゴミの状況によって選ぶことができます。ただし、安全や環境に配慮することを忘れないでください。